組合員紹介 北海道シーリング工事業協同組合
会社概要
■設立 1989年5月30日
■代表者 川原田 義行
■従業員数 1名

勤務と待遇
■理事長 1名
■副理事長 1名
■専務理事 1名
■理事 5名
■監事 1名

連絡先
〒060-0032 札幌市中央区北2条東10丁目15-28
TEL (011)251-3364
FAX (011)210-0312
【担当】 水野 裕二
 e-mail >> office1@hokusikyou.or.jp

主な仕事内容
1.目的
本組合は、組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的とする。

2.主な事業内容
(1) 組合員のためにする防水工事の受注斡旋
(2) 組合員の取り扱うシーリング防水材料及び副資材の協同購入
(3) 組合員の経済的地位改善のためにする団体協約の締結
(4) 組合員の取り扱うシーリング防水工事の共同検査並びに共同宣伝
(5) 組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上又は組合事業に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供
(6) 組合員企業のための各種保険制度

1)傷害保険(AIU普通傷害保険)
 組合員企業の従業員、関連技能者を対象に、災害事故による死亡、後遺症害、入院、通院などを補償するものです(補償金額の設定は自由)。上部組織である日本シーリング工事業協同組合連合会と提携して全国規模で団体契約することにより割引率が40〜50%と格安な掛け金になっています。また、この保険の加入は「経営事項審査」で加点評価の対象となります。

2)瑕疵保証責任保険
 平成12年4月施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)で、新築住宅のシーリング防水に対して10年間の瑕疵保証責任が義務づけられたことから、上部組織の日シ工連加盟組合の会員会社を対象につくられた全く新しい保険制度です。補償対象となる工事は、シーリング防水だけでなくアスファルト防水、塗膜防水など防水工事全般をカバーするもので、万一品確法の適用期間である10年間に瑕疵により漏水が発生した場合、補修工事の際の施工費用が補償されます。
(7) 組合員のためにする事務代行業務に関する事業
(8) 組合員の福祉厚生に関する事業
(9) 前各号の事業に附帯する事業
付近見取図

’n?}

©2005 Hokkaido sealing construction industry cooperative society all right reserved.